こんばんは〜まんぞうです。

いつも、お立ち寄りありがとうございます

 

記事を書くとき、実は

予約投稿機能を使用しています。

 

だから、だいたい「こんばんは」の時間に

書いてます。

 

でも投稿は、AM11時くらいにしています。

私もサラリーマンなので

お昼ごはんの時に見たいなって思うからです

 

また、主婦の方も、子供を学校へ送り出し

家の片付けをしてからの

ホッとする時に見てもらえたらなぁと

思ってます。

 

前置きが長くなりましたが

お葬式にまつわる話をしていきます。

 

「北枕(きたまくら)」で寝ると

 

「ダメだよ死人の向きだから‼️」

「縁起が悪い‼️」

 

などと言われました。 

小さな頃は、ちょっと怖くて、気にしていたのを覚えています。

 

では、実際亡くなった人は

何枕で安置するのでしょうか?

 

 答えは

「亡くなった方は、北枕で寝かせます。」

 

ハイっ

◯正解ですね。

 

確かに亡くなった方は、北枕で安置します。

しかし、意味する事は全く違います。

 

まず、何故、北枕にするのでしょうか?

f:id:to0512:20161022002640j:image

北枕とは、

お釈迦さんが亡くなった時に寝ていた向き

 なんです。

 

お釈迦様とは、実際に存在した人です

仏壇中央の仏様の事です。

 

そんなお釈迦様ですが、インドに生まれて

最後はクシーナガルという地名のところで

2月15日80歳亡くなられました。

 

 この時代で80歳は、すごい事だと思います

 また、お釈迦の命日という事で2月15日は、

涅槃会(ねはんえ)

という、法要がお寺で営まれたりします。

 

 

そんなお釈迦様の亡くなった時の姿ですが

「頭北面西右脇下」

(ずほくめんさいうきょうが)

という体勢で亡くなられました。

 

頭北・・・頭が北

面西・・・面(顔)は西向き

右脇下・・右の脇(わき)を下にして

という体勢です。

 

この体勢の仏像世界にはたくさんあります。

f:id:to0512:20161022004531j:image

 

 f:id:to0512:20161022004822j:image

 f:id:to0512:20161022005027g:image

f:id:to0512:20161022005014j:image

        ⁉️

 

 つまり北枕

とっても尊い寝方なのです。

お釈迦様の亡くなった姿と同じという事で

インドでも、高貴な寝方とされています。

 

やっぱり日本は、「死」を連想するものに

抵抗があるのですね。

 

ちなみに、

「皇居も北枕にしてある」

そうです。未確認ですが(笑)

 

葬儀の現場では、これに合わせて

「亡くなった人は、仏様になった」という事で

北枕に安置します。

 

安置する部屋の造りによっては

北枕に寝かせることができない事があります。

 

その場合は、お釈迦の顔が向いていた方向の

「西」

に頭が来るように寝かせます。

 

つまり

頭を、か、西に向けて安置します

 

ですから、普段自宅では、

北枕で寝ても

なーんにも、悪い事はありません

 

風水とか、磁場とかよくわからないですが

あえて「北枕」にされる方もあるようです。

 

仏教の言葉は、現代も残っていますが

意味を間違ったり、形を変えて残っており

今でも以外と使ってるんですね〜

 

それでは、最後まで、ありがとうございます。