改造内閣って、結局は元大臣の量産化策でしかないんじゃないか

 

結局は、政務次官が実務のTOPで

大臣は、例えるならシャチハタであろうし

 

誰がやっても同じである気がしてならない

その分野に明るい大臣が就任したとしても

多少官僚さん達が説明する量が減るくらいのメリットしかないように感じる

 

結局は、大臣職は

論功行賞としての価値しか無いように見えてしまう