どうもこんばんは。

ろくでなし子です。

 

何度か告知をしてまいりましたTrain Mania REORDSの最新リリースの登場でございます。

 

さらむいみ

Trash Of Human ~Live At bar YaYa Ebisu the 1st of November , 2015 ~

 

f:id:monmonmaru:20151107100222j:plain

 

先日、行われた恵比寿でのライブを真空パックしたライブ盤。

もともとは3,4曲をピックアップして収録する予定でしたが、現地で観たさらむいみ氏の迫力に感銘を受けまして、まさかの全曲収録でございます!

Train Mania初のフルライブアルバム(笑)

 

以下のアドレスから音源はダウンロードしてください!

無料で、会員登録も不要です!

その音源をiTunesなどにぶち込んでいただきまして、上の画像を保存しその音源のプロパティで画像を設定してしまえばアルバムの完成でございます!

しかしスマホからのダウンロードは出来ません! 申し訳ありません!

例のごとく、簡単なサイトを使っておりますのでダウンロード数などの集計は全く出ません。聴いたかたはもしよければ私かさらむいみさんに感想を言っていただけると幸せです。

 

 

Trak 1  生きてんのか

http://twitsound.jp/musics/tscmHa8de

 
Trak 2  人間のクズ

http://twitsound.jp/musics/tsHfTsdM2

 
Trak 3  害虫

http://twitsound.jp/musics/tsuEvpcXP

 
Trak 4  NO FUTURE

http://twitsound.jp/musics/tszGJtu8r

 
Trak 5  漂流者

http://twitsound.jp/musics/ts85uKhMa

 
Trak 6  支配者たち

http://twitsound.jp/musics/tskJZQJkN

 
Trak 7  難民キャンプ

http://twitsound.jp/musics/tsbECupHZ

 
Trak 8  ストリートシャウティングマン

http://twitsound.jp/musics/tsRTAJbkn

 
Trak 9  全身全霊(miniruカバー)

http://twitsound.jp/musics/tsKoursqo

 
Trak 10  捨てたもんじゃねえさ

http://twitsound.jp/musics/tskcg39Z1

 
Trak 11  鉄パイプにハンマー

http://twitsound.jp/musics/tsb04rdsp

 

 

 

つくづくアタシは幸せモンです。

アイルランドのケルトミュージックが元となり戦前のアメリカで生まれたというフォークミュージック。
ピート・シーガーやウディ・ガスリーが炭鉱夫など労働者の現実を歌い、彼らに憧れたボブ・ディランは煌びやかなグリニッジヴィレッジで歌声と文学的な歌詞によって世界中にフォークを届け、ウッドストックでフォークシンガーたちは愛と平和を叫びました。そんな時代が間違いなくあった。
それは日本ももちろん例外ではなく、輸入された本物のフォークミュージックは学生運動の激化と密接に結びついて土着的な日本の歌を育んでいきました。その後も学生運動という祭りの後を経て、人間の内面や失われていく街の風景を歌った70年代フォークという黄金時代がその後のニュー・ミュージックやアイドルソングの揺り籠になっていきました。

そして2015年の今も、1本のアコースティックギターだけを持ってカフェやBARで歌う音楽家は絶えません。

連綿と続く大河ドラマのようなワーキングクラス・フォーク・ミュージックの物語。

そんなフォークが2015年に産んだ名盤を、われわれTrain Mania RECORDSが投下出来ることにとてもエキサイトしています。

学生運動もPUNKもバブル崩壊も311も安倍政権の横暴も経て放たれるフォーク。
実はここ数日、今回の音源ばかりを聴いていました。

本当に素晴らしいと思いました。

幕開けを飾る性急なTrak1、坂口安吾的で僕個人としては一番好きなTrak2、逆説と対比が一歩間違えれば自虐になりかねないところで誇りを歌うTrak3、 有名なSex Pistolsの一節をタイトルにもってきたTrak4、僕の勝手な解釈ですが東日本大震災後の日本を歌ったであろうTrak5(なんか泣けてくる)、ディラン「戦争の親玉」を思い出させるTrak6、人間の滑稽さ弱さをユーモアと一緒に吐き出すTrak7、The Rolling Stonesが世界的な学生運動の高まりに呼応するかのようにつくった名曲をもじったシャウトナンバーでめっちゃ盛り上がるTrak8、さらさんの友人であるminiru君のカバーであるTrak9、優しさと希望が雲の谷間から差し込むようなTrak10、英語にしたらスプリングスティーンの弾き語り系列アルバムに収録されそうなTrak11と衝撃のラスト。

絶対に聴いてほしいですね。

もし全部聴くのはタイヘンだなと思う方は、Trak2とTrak11から聴きはじめても「さらむいみ」という世界観がよく分かるような気がします。

 

さらさんと僕の仲を繋いでくれたモリヤスアキに心より感謝を申し上げます。

Train Mania RECORDSとしても記念碑的な作品になりました。

きっかけは雑談ですけどね(笑) いつもか。

来年にはTrain Mania初となるCD-R作品(もちろん横山ポテンヒットブラザーズの『尿漏れ注意報(仮)』)も待ってますし、それまでにもタイミングがあえば素晴らしい音楽家の素晴らしい音源をリリースしていきたいなと思っています。

 

それでは最後にいいつも素晴らしい写真を撮ってくれるイシイヒロユキ兄やんによる、11/1のモリヤスアキとさらむいみさんによるツーマンライブの写真をいくつかアップさせていただきます。

 

寒くなってきましたが、いかした音楽を聴いて負けずに乗り切りましょう!

御精読ありがとうございました。

f:id:monmonmaru:20151101190148j:plain

f:id:monmonmaru:20151101184734j:plain

f:id:monmonmaru:20151101190842j:plain

f:id:monmonmaru:20151101191214j:plain

f:id:monmonmaru:20151101192959j:plain

f:id:monmonmaru:20151101192939j:plain

 

f:id:monmonmaru:20151101200629j:plain

f:id:monmonmaru:20151101195008j:plain

f:id:monmonmaru:20151101201134j:plain

f:id:monmonmaru:20151101194925j:plain

f:id:monmonmaru:20151101204557j:plain

f:id:monmonmaru:20151101203659j:plain

f:id:monmonmaru:20151101211930j:plain

f:id:monmonmaru:20151101211910j:plain

f:id:monmonmaru:20151101211811j:plain

f:id:monmonmaru:20151101211912j:plain

 

 

ありがとうございました!!